英国伝統の「イングリッシュ・ブレックファスト」を食べない英国の若者が続出

痛いニュース

1 名前:ひかりちゃん(光) [FR]:2020/10/25(日) 14:22:13.32 ID:0rrNv5/w0

a5881b4a69d2bc9fae16a5ee1eda4bc2ed1d4848.99.2.3.21950年代に生まれた英国の伝統的朝食であるイングリッシュ・ブレックファストがいま危機を迎えている。一度もこれを食べたことがない英国育ちが増えているのだ。イングリッシュ・ブレックファスト離れの理由と朝食のトレンドを紹介する。

◇伝統のイングリッシュ・ブレックファストとは
一般的に、英国のレストランで「イングリッシュ・ブレックファスト」を注文すると、ソーセージ、ベーコン、卵、マッシュルーム、トースト、トマト、ブラック・プディング(主原料は豚の血液)、豆のトマトソース煮が皿に盛られてテーブルに運ばれる。英国人は、これを「フル・イングリッシュ・ブレックファスト」と呼ぶこともある。

スポンサーリンク


英国に住む18歳から30歳の2000人を対象に実施したGinger Researchの調査によると、5人中1人がこの朝食を食べたことがないという。理由の一つとして「心臓病や肥満の原因になる」と20%の回答者が考えており、ベーコンやソーセージは食べないと回答している。

若い年代層は健康意識が高く、ベジタリアンやビーガンになる者も多い。そのためイングリッシュ・ブレックファストよりも、レストランやカフェでの朝食であれば、スモークサーモンやスクランブルエッグ、アボカドのオープントーストやパンケーキを好む傾向にある。

続きを読む

Source: 痛いニュースノ∀`

スポンサーリンク


痛いニュース
dqnplusをフォローする
極秘おもしろニュースまとめ
タイトルとURLをコピーしました